障害者雇用支援・障害者就労継続支援A型事業者

企業情報

企業理念

PHILOSOPHY

「障害は不便です。でも不幸ではありません。」というヘレン・ケラーの名言に勇気をもらった障がいのある方たちも数多くいらっしゃいますが、時にこの言葉は、障がいのある方たちにとってプレッシャーとなったり、障がいのある方たちが自信を失う原因になったりして、却って障がいのある方たちの気持ちを落ち込ませてしまう場合もあります。 しかし、私たちは、「自己実現」が人の喜びであることを知っていますし、「社会との繋がり」「仲間との絆」「働くことの楽しさ」が、自己実現に大きく影響すると信じています。 株式会社千手は、これから一人でも多くの障がいのある方が、「私は不幸ではない。」 と感じていただけるよう、真のノーマライゼーション社会の構築を本気で目指します。

hand

会社概要

COMPANY
会社名
株式会社千手
設立日
平成25年5月7日
年商
22.4億円(2019年3月期決算)
所在地
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル807
代表取締役
森田有一
TEL
045-595-9900
FAX
045-595-9901
E-MAIL
info@senju.co
事業内容
事業内容障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障がい福祉サービス事業

支部

BRANCH
支部名
横浜支部
所在地
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル807
TEL
045-595-9900
FAX
045-595-9901
E-MAIL
office-yokohama@senju.co
支部名
埼玉支部
所在地
〒336-0025
埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 信太ビル101
TEL
048-767-3028
FAX
048-767-3029
E-MAIL
office-saitama@senju.co
支部名
町田支部
所在地
〒194-0021
東京都町田市中町1-15-9 AUビル203
TEL
042-860-6428
FAX
042-860-6429
E-MAIL
office-machida@senju.co
支部名
千葉支部
所在地
〒260-0854
千葉県千葉市中央区長洲1-23-4 オーチュー千葉中央ビル301
TEL
043-306-6633
FAX
043-306-6634
E-MAIL
office-chiba@senju.co

会社沿革

HISTORY
2013年(平成25年) 横浜市都筑区葛が谷に株式会社千手を設立 横浜市都筑区に千手初となるA型事業所を開所 以降、神奈川県・東京都に5事業所開所 業務拡大に伴い本社に総務部総務課を新設
人事・労務・経理等事務作業全般における事業所のバックアップ体制を強化
2014年(平成26年) 神奈川県・埼玉県・群馬県・千葉県に7事業所開所 エリア拡大に伴い組織体制を変更し、関東圏を4つのエリアに区分
各エリアにエリア長を配属し、全体的な業務の質の向上と実績の向上を図る
2015年(平成27年) 神奈川県・埼玉県・千葉県に4事業所開所 業務拡大に伴い本社を横浜市港北区新横浜に移転 全事業所合同の所長研修会を実施。以降、定期的に事業所間交流の機会を設ける
2016年(平成28年) 神奈川県・埼玉県・群馬県・千葉県に7事業所を開所 本社に就労支援事業本部を新設し、事業所全体の業務の質の向上と運営発展を図る
2017年(平成29年) 神奈川県・千葉県に2事業所開所 販路拡大のため企画営業部法人営業課・企画営業課を新設し、業績の向上を図る (前年度比 38 %増)
2018年(平成30年) 各エリアに拠点として支部を設置し、現行の体制から支部体制へ移行
組織基盤をより一層強化
支援者育成プログラム「 KoCIPA 」を開講し、支援者育成とともに現任者のスキルアップを目指す

企業業績

CORPOLATE PERFORMANCE

売上高

 

平成25年の会社設立以降、売上は伸び続けています。企画営業課の発足・支部体制による組織基盤の強化からさらに業績が向上しました。千手は今後もさらなる発展を目指していきます。

従業員数

 

平成25年の1号店開所以降、従業員数は常に増加しています。どの事業所も毎日多くの従業員が通所し、活気であふれています。また毎年数十名が企業へ就職しています。

社長ご挨拶

MESSAGE

欧米に比べ、日本の障がい福祉制度は遅れていると言われています。これは障がい 者雇用政策においても同じで、2018年に障がい者の法定雇用率が引き上げられたとはいえ、日本の障がい者雇用政策支出は、デンマークやスウェーデンのわずか数パーセントに過ぎないというのが現状です。 もちろん、障がい者の定義や高齢化問題を含むその国々の様々な事情が複雑に絡み合っていますので、数字だけで正確な比較ができるとはいえませんが、それ以前に私は、日本社会における 「障がい者観」そのものが、EUや北米の先進国に比べると極めて「幼稚」であると感じざるを得ません。それはすなわち「差別意識」です。 日本人の中に、なぜそのような意識があるのか、またどの程度なのか、ということは別にして、例えば「精神に障がいのある人は何かの拍子に突然暴れだして誰かに危害を加えるかもしれない」と思っている日本人は決して少なくありません。 その証拠に現在の日本では、30万人以上もの方が精神病院に隔離されています。 「精神障がい者」と呼ばれる人の刑事犯罪率が、「健常者」と呼ばれる人の刑事犯罪 率より低いというデータがあるにも関わらずです。 障がいのある方たちやその家族の方たちも、なぜそう思ってしまうのかは別にして 「障がい者手帳を持っていることが恥ずかしい」「周りに障がい者と呼ばせたくない」と閉鎖的になってしまうことがよくあります。 しかし、「健常者」と呼ばれる人の多くも、日常生活や社会生活を送る上で多かれ少なかれ障がいを抱えているはずですし、「障がい者」と呼ばれる人の中にも、分野によっては飛び抜けた才能を発揮する人や、器具を使用することによって普通に生活できる人はたくさんいます。 そう考えるだけで、そもそもどこまでが「障がい者」で、どんな人を「健常者」と呼ぶのか、はっきりさせることさえ難しいはずです。 特別な人などいませんし、どんな人でもある意味特別であって、どんな人でも生きていくためにはあらゆる困難を乗り越えていかなくてはなりません。そのためにはもちろん本人の努力が必要ですが、周りの支えも不可欠です。
先にも申しましたとおり、残念ながら現在の日本には、「障がい者」と呼ばれる人のための社会資源が不十分と言わざるを得ません。「健常者」と呼ばれる人に比べ「チャレンジする機会」や「チャレンジする環境」が極端に少ないのです。「障がい者」と呼ばれる人たちは決して特別な人たちではなく、特別な困難をもつ普通の人たちなのですから、過剰な手助けは必要ありませんし、寧ろすべきではないと思います。しかし、特別な困難をもつ人とそうでない人のチャレンジの場が平等に存在しないのは、とても大きな問題であると考えます。 また、どんな困難でもそれを乗り越えられることができるとしたら、そこには必ず人と人とのふれあいがあるはずです。人が社会生活を送る上で、人と人、人と社会との間に大きな溝や隔たりがあれば、それこそがまさに最大の「障害」と考える他ありません。
「日本における障害者観を変えていきたい」「日本の社会資源を充実させたい」という大いなる目的の前には、これからも幾多の困難や試練が立ちはだかることでしょう。それらを乗り越えていくのは決して簡単なことではないと思いますが、一念通天の思いで邁進する所存です。 今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

代表取締役森田 有一